ITエンジニアが取得している資格とは

ITエンジニアとして働いている人がいますが、スキルアップのために資格を取得しているという人も少なくありません。スキルアップのためにさまざまな技術を身につけようと考えている人も少なくありませんが、エンジニアというものは、技術のスキルや習熟度に合わせた物や、認定元が異なっているものなどさまざまな種類があるというのをしっかりと頭に入れておくようにします。

そこで気になるのがどのようなものを取得しているのかと言うことですが、すべてのITエンジニア向けの資格としては基本情報技術者試験というものがあります。これは初心者の人がたくさん挑戦しているもので、総合的な知識を身につけることができます。システム開発を行う中で基本的な知識レベルが問われる試験となっています。

このほかに経験を積んだエンジニアが、さらにスキルアップをするために挑戦しているのが、応用技術者試験となります。これは高度なIT人材である応用的な知識を持っていることが確認される試験となっています。したがって経験を積んだエンジニアがたくさん挑戦しています。実際に役に立ったりキャリアアップにつながったと実感している人が多くなっています。

ネットワーク系のエンジニアに向いているのがCCNA/CCNPになります。これは世界の大手のネットワーク機器メーカーが認定する資格となっています。ネットワーク系の資格の中でも非常に有名となっており、難易度も高い資格となっています。